MaaS(マース)とは

MaaS(マース)に関するセミナー・研修・講演会講師依頼に対応
MaaSの代表格「Whim(ウィム)」

MaaSとは、Mobility as a Service(モビリティ・アズ・ア・サービス) の略称です。

 

モビリティとは、"移動性"のことで、「サービスとしてのモビリティ」という概念です。

 

モビリティをサービスと捉え、テクノロジーやデータを活用して移動の利便性や快適性を追求することを意味しています。

 

主には、鉄道・バスなど公共交通機関や自動車(タクシー・シェアリングカー等)、レンタサイクルなどを組み合わせ「ユーザーにとって目的地までの最適なモビリティを提供するための情報・予約・決済の統合サービス」を表わす用語として使われています。

 

自動車産業は、MaaS及びCASE関連技術及びIoT/AI/5G/ビッグデータ等の第4次産業革命の進展を受けて、企業変革を迫られています。 

 

MaaSは、サービス内容に応じてグレードが分かれますが、今後はMaaS Globalが提供するレベル3のWhim(ウィム)のように、官民連携によって地域毎のモビリティサービスやスマートシティとの結びつきを深めていくと考えられます。 

 

 



「スマートモビリティのエバンジェリスト」カナン株式会社

カナン株式会社は、MaaS及び関連するCASE、スマートシティやAI/IoT/5Gなどデジタルテクノロジーに精通したスマートモビリティの専門家・エバンジェリストとして、自動車業界の最新動向と展望等に関するセミナー・研修・講演会講師やアドバイザー業務の依頼にお応えしています。  

 

 

コンサル&アドバイザリー

 

MaaS、CASEなどスマートモビリティに関するアドバイザー依頼にお応えしています

 

セミナー・講演会講師

 

モビリティサービスの最新動向等、自動車産業に関するセミナー/講演講師依頼に対応しています

 

社員/役員研修講師

 

デジタルビジネス・技術の理解など、自動車産業の社員・役員研修の講師依頼にお応えしています