2018

 

スマートモビリティを核とする地域振興に向けて、講演講師を担当


スマートシティとは

 

カナン株式会社では、AIを活用した超スマート社会に向けて、講演講師依頼にお応えしています

 

今回、東京で開催された佐渡産業振興フォーラムで弊社の桂木夏彦が講演講師を務めました。 

 

これからの社会に不可欠となるAI(人工知能)の基礎概要や、スマートモビリティを核にした佐渡の産業振興について講演を行いました。

 

AI技術を活かした自動運転車・自動走行バス・ライドシェア等のスマートモビリティは、少子高齢化が進む地域の振興において最も期待される取り組みです。

 

当社では、今後もセミナー・講演会の講師業務を通じて、超スマート社会に向けたAI(人工知能)活用・スマートモビリティの啓発に取り組んで参ります。

 

  

AI(人工知能)活用に向けて、団体の研修講師を担当


スマートシティとは

 

カナン株式会社は、AI活用に向けて、企業・団体の研修業務を担当しています

 

今回、団体様の依頼で、AI活用に向けた基礎講座・グループワークの講師を務めました。 

 

基礎講座を受講いただいた後、グループワークで実践に向けた深掘りを行いました。

 

検討に際しては、最初にAIの活用ありきではなく、まず事業課題や目的を明確にすることがポイントです。

 

当社では、引き続き研修・セミナー・講演講師業務を通じて、Society 5.0推進に向けたクライアントのAI(人工知能)活用・人材育成をサポートして参ります。

 

  

都市・住宅・まちづくりにおけるAI(人工知能)活用をテーマに、企業研修を担当


スマートシティとは

 

カナン株式会社は、超スマート社会に向けて、AI活用に関する研修業務を提供しています

 

今回、都市・住宅・まちづくりにおけるAI活用をテーマにした企業研修を担当致しました。 

 

AIの概要、技術解説、活用のポイント、スマートホームやスマートシティの現状と展望等に関して、講演とディスカッションを行いました。

 

当社では引き続き、AI活用に関する研修講師業務を通じて、企業や自治体などクライアントのAI(人工知能)活用・人材育成をサポートして参ります。 

 

2017

  

若手経営者層を対象に「AI(人工知能)活用」のセミナー講師を担当


カナン株式会社は、超スマート社会の実現に向けて、AI活用の推進に取り組んでいます。

 

今回、AI活用の専門家として、弊社エバンジェリストの桂木夏彦が若手経営者層を対象にしたセミナーの講演講師を務めました。 

 

AIの概要、技術解説、活用のポイントなどについて語り、AI活用に向けたアクションを喚起しました。

 

弊社では今後もセミナー・研修・講演講師や分かりやすく理解できるコンテンツの提供を通じて、AI(人工知能)に関する啓発活動を推進して参ります。

 

 

  

「プログラミング教育の概要と取り組み方」をテーマに、講演講師を担当


小・中学校のプログラミング教育について、研修会の講師を務めさせていただきました     

 

カナン株式会社は、超スマート社会に向けた人材育成のため、プログラミング教育の推進と課題解決に取り組んでいます。

 

今回、ICT社会及び学校教育の現状と今後を踏まえた専門家として、弊社代表の桂木夏彦が千葉県7市2町の小・中学校の情報教育担当教員にプログラミング教育に関する研修会の講演講師を務めました。 

 

小学校におけるプログラミング教育必修化の背景や内容、小学校から中学校、高等学校へと続く流れ、今後の対応すべき事項とスケジュールなどについて、図解やイラスト、具体的な事例を交えながら お話をさせていただきました。

 

弊社では、引き続き、研修・講演講師や年度計画の助言などプログラミング教育の実施支援業務及びプログラミング教育の内容について分かりやすく理解できるコンテンツの提供を通じて、プログラミング教育の推進をサポートして参ります。

 

 

 

「自動車産業におけるAI(人工知能)の活用」をテーマに、セミナー講師を担当


「AIの活用」をテーマに、自動車関連企業様で講師を務めさせていただきました 

 

カナン株式会社は、AI(人工知能)などICTを活用した超スマート社会のエバンジェリスト(専門家)として、セミナー/研修/講演会の講師依頼にお応えしています。

 

今回「自動車産業におけるAIの活用」をテーマに、エバンジェリストの桂木夏彦が、大手自動車関連企業様でセミナーの講師を務めさせていただきました。

 

AIとは何か?に始まり自動車産業におけるAIの活用(自動運転車、コネクテッドカーを核とするAIを活用したスマートモビリティサービス/モビリティ社会)について、イラスト等を用いて分かりやすく解説を致しました。 

 

AIやビッグデータを活用した超スマート社会"Society 5.0"のエバンジェリストとして、受講者様にとって分かりやすく、かつ具体的なアクションにつながる講演内容の提供に努めて参ります。

 

 

 

小学校におけるプログラミング教育の普及・理解に向けたPRコンテンツを開発


 

プログラミング教育の内容や意義などを分かりやすく伝える「ビジョナリーコンテンツ」 

 

カナン株式会社は、小学校で必修化されるプログラミング教育について教職員及び児童や保護者にその背景や内容などを1枚のイラスト仕立てで分かりやすく可視化して伝えるPRコンテンツを開発致しました。

 

小学校におけるプログラミング教育の必修化に関しては、事業者による教育用ハード(ICT機器)・ソフト(アプリケーション)の提供は進んでいますが、当事者である教員や児童及び保護者のプログラミング教育必修化に関する適切な周知が、関心の高い一部層以外あまり進んでいないという課題があります。

 

そこで当社では関係者に認知・理解を図りたい内容を1枚のイラスト仕立てで分かりやすく可視化して伝える”ビジョナリーコンテンツ”を用いて、プログラミング教育の普及・理解に向けたPRコンテンツの開発を行いました。

 

「なぜプログラミング教育を学ぶのか」その背景や内容を関係者が容易に理解でき、主体的な学びが喚起されるよう制作しています。

 

今後、このプログラミング教育のPRコンテンツを教育関係者に提供し、プログラミング教育の推進を加速できるよう努めて参ります。

 

 

 

超スマート社会に向けたPR・マーケティング活動を支援する「ビジョナリーコンテンツ」の提供を開始


 

伝えたい内容を分かりやすく1枚のイラストで可視化するビジョナリーコンテンツ

 

カナン株式会社は超スマート社会に向けた企業ビジョンや事業内容など、関係者に認知・理解を図りたい内容を1枚のイラスト仕立てで分かりやすく可視化して伝える「ビジョナリーコンテンツ」を開発、提供を開始致しました。

 

ICTを活用した新規事業など内容の理解に説明を要する商品やサービスを提供する事業者は、顧客や株主など関係者に事業内容をPRする際、簡潔に分かりやすく理解してもらうことに苦心しているのが現状です。

 

そこで当社では、企業ビジョンや事業内容など、関係者に認知・理解を図りたい内容を、1枚のイラスト仕立てでステークホルダーに分かりやすく可視化して伝える「ビジョナリーコンテンツ」を開発し、PR・マーケティング活動の支援を開始致しました。

 

PR/プロモーションビデオを制作するよりも、はるかにコスト・制作期間を抑えて、課題解決に役立つ点が特徴です。

 

フェイスブック・ツイッター・インスタグラムなどのSNSでシェア・拡散されても理解度が損なわれない特徴を持ち、ソーシャルメディアマーケティングに親和性の高いビジョナリーコンテンツの提供を通じて、お客様の事業を加速させるお手伝いを致します。

 

 

「小学校のプログラミング教育に関する研修会・講演講師」依頼に対応 


小学校のプログラミング教育必修化に向けて、講演講師を行っています     

 

カナン株式会社は、文部科学省、総務省、経済産業省の連携によって設立された「未来の学びコンソーシアム」の立上げ時から、賛同企業としてプログラミング教育の推進と課題解決に取り組んでおり、ICT社会及び学校教育の現状と今後を踏まえた専門家として、小学校のプログラミング教育必修化に向けた講演講師を務めています。

 

研修・講演会講師は、大きく3タイプの依頼にお応えしています。

・自治体教育委員会向け講演講師「完全実施に向けた実施計画の進め方」

・教職員向け講演講師「プログラミング教育のポイントと授業の進めかた」

・児童及び親子向け講演講師「プログラミング教育って何? なぜ小学校で学ぶの?」

 

弊社は、研修・講演講師や年度計画の助言などプログラミング教育の実施支援業務を通じて、小学校及び教育委員会様の取り組みをサポート致します。

 

 

「未来の学びコンソーシアム」設立総会出席(ご報告) 


産官学民連携で日本におけるプログラミング教育を普及・推進します      

 

文部科学省、総務省、経済産業省は、次期学習指導要領における「プログラミング的思考」などを育むプログラミング教育の実施に向けて、学校関係者や教育関連やIT関連の企業・ベンチャー、産業界と連携し、多様かつ優れたプログラミング教材の開発や企業の協力による体験的プログラミング活動の実施等、学校におけるプログラミング教育を普及・推進することを目的として、平成2939日に「未来の学びコンソーシアム」を立ち上げました。

 

カナン株式会社は、賛同企業として、東京都千代田区の文部科学省で開催された未来の学びコンソーシアムの設立総会に出席させていただきました。

 

当社はプログラミング教育の普及・推進に役立つコンテンツや自治体向けに小学校におけるプログラミング教育の実施支援サービスの提供を通じて、未来の学びコンソーシアムの一員としての責務を積極的に果たして参ります。 

 

2016


小学生対象のプログラミング教室を開催

 

今回は、小学校におけるプログラミング教育の実施授業を踏まえた内容構成で実施しました。

 

「交通事故の無い安全な社会をつくるには」をテーマに、プログラミング教育を通じて、子供たちに自動運転車の開発をイメージして学んでもらいました。

 

内容的には、以下の3コマで構成しました。
1コマ目:プログラミングについて(概要)
2コマ目:パソコンを操作して、アプリを動かす体験
3コマ目:プログラミングをして、ロボット教材を操作する体験

 

はじめてプログラミングを体験する子供と既にプログラミングの学習経験のある子供にチームを組ませて、学びを進めました。

習熟度の異なる子供たちが、機器の操作を教え合ったり、譲り合ったりしながら、プログラミングを学んでいきます。

 

3コマ目では、ビジュアルプログラミングによって、自動車型ロボットに走行の指令を出し、意図したところで車を曲がらせたり止めたりすることで、事故を起こさない自動運転車の開発について考えてもらいました。

 

時間の関係で、通常4コマを3コマにした駆け足の内容でしたが、ロボットカーの制御では、女の子も夢中になって取り組み、エンジニアの仕事について関心を持てたようです。 

 

カナン株式会社では、引き続きプログラミング教育を推進すると共に、これまで得てきた知見を集積して、小学校のプログラミング教育実施における課題解決に役立てて参ります。

 


人工知能やロボット活用社会に関する研修・講演講師依頼に対応

 

カナン株式会社では、企業・団体・社会人向けに人工知能やロボットの活用及びICTを活用した超スマート社会に関する研修・講演講師の依頼にお応えしています。

 

今回、AI(人工知能)・ロボット・IoT・ビッグデータを核とする第4次産業革命及び、超スマート社会「Society 5.0」について解説すると共に、企業はどのようにAIを事業や人材育成・働き方改革に活用していけばよいのかについてお話させていただきました。

 

ICT及びワーク/ライフスタイルの知見・ノウハウを有する専門家が、分かりやすく講師を務めます。

 

お気軽にお問い合わせください。 

 


小学校のプログラミング教育実施支援業務の提供を開始

 

カナン株式会社は、ICT社会及び学校教育の現状と今後を踏まえた専門家として、2020年度に必修化される小学校のプログラミング教育に関する教育機関向け実施支援(コンサルティング・教職員研修講座・講演講師)業務を提供しています。

 

プログラミング教育の実施支援コンサルティングの際は、学習指導要領のねらいを踏まえ、「何を学ぶのか」「何ができるようになるのか」「どのように学ぶのか(アクティブ・ラーニング)」の視点の元、「生活科」「総合的な学習」及び「教科」の単元・授業でどのように指導内容・方法・体制に工夫をこらし、授業の充実を図っていくかについての助言を致します。

 

プログラミング教育を行う小学校毎の単元内容(総合的な学習の時間や各教科・授業数・学年)に基づいたコンサルタント業務によって、2020年度の必修化に向けて、教育委員会など自治体・教育機関様のご相談内容に即した課題解決業務を提供致します。 

 

■小学校におけるプログラミング教育の導入・実施に関する支援業務(年度計画/予算策定助言、教材の評価・紹介等)

 

■小学校/中学校教職員向けプログラミング教育の研修会・講演会講師、研究発表会・シンポジウム等の企画アドバイザー業務

 

■プログラミング教育に関するPRコンテンツ・学習コンテンツの提供 

 

お気軽にご相談ください。